MainImage

2017.07.22更新

 

 

きたの鍼灸院・整骨院は地域柄か年配の方が多く訪れます。年配の方の悩みのなかで多いのが膝の痛みです。その中でも特に変形による痛みが多いので、今回はその特徴について説明します。

 


まず変形性膝関節症は圧倒的に「内側」が多いです。筋力低下外側よりも内側が低下しやすく、膝の半月板も体を支えるにあたり、すり減り半月板が狭窄しやすいです。

 

 

 


もちろん個人により内側中心に痛くなったり、膝の上側・下側、全体的になど痛みの出方は様々です。多いのは内側を中心に周囲も痛くなるパターンが多いです。


膝の変形が目立ってくると大腿部も変わってきてO脚になっていきます。歩行も変わったり痛みをかばったりで、腰痛、股間節周囲・足の疲れ、姿勢が悪くなることで肩や背中も疲れる事も二次的要素で目立つことはよくあります。

 


当院は根本の膝をしっかり施術するだけでなく、このようなかばいによる二次的要素からくる痛みもしっかりやっていきますので詳しくはご相談ください。

 

 

投稿者: きたの鍼灸接骨院

最近のブログ記事

entryの検索

カテゴリ

予約 患者さんの声 ブログ症状別ブログ インタビュー BEST治療院100選 八王子市 橋本みなみ鍼灸整骨院 本院サイトはこちら まちだ駅前鍼灸院・整骨院 こくぶんじ北口鍼灸院・整骨院 茅ヶ崎海岸整骨院