MainImage

2020.01.27更新

 

 

 

 

こんにちは、非常食はカンパン派。きたの院永田です。

 

久し振りに看板を書き換えました。

 

あ

 

シンプル!!

 

 

 

 

ちなみに今年の干支のネズミと鍼灸院と言うことでハリネズミにしてあります。

 

←前回の記事へ

 

次回の記事へ→

投稿者: 株式会社トリート

2020.01.27更新

 

 

こんにちは!渡邉です!

 

 


今日はストレッチのやり方を紹介していきますnico

 

 


今回紹介するのは首の筋肉のストレッチ方法ですglitter

 

 


①片方の手を頭の後ろの方に手を当てます。
(左側を伸ばしたい場合は右手で右側を伸ばしたい場合は左手で)

a

 

 

②伸ばしたい方と反対方向の斜め下を向きます。
(左側の首を伸ばしたい場合は右斜め下を向く)

a

 

 

③斜め下方向に頭を押して伸ばします。

a

 

 

④反対側も同様に行います。

a

 

 

 

このストレッチは立っている姿勢でも座っている姿勢でも出来るので
朝や寝る前の他にも仕事の合間とかでもやりやすいと思うので是非やってみてください!

 

 


首こりや肩こりがある方に特にオススメですo(^▽^)o

 

←前回の記事へ

 

次回の記事へ→

 

 

 

 

投稿者: 株式会社トリート

2020.01.12更新

 

こんにちは、好きな色はオレンジ派。きたの院永田です。

 

 

 

我々の様な鍼灸院や整骨院、歯医者さん、病院にいるお医者さんや看護師さんと医療に従事してる職業の殆どは白衣を身に纏っています。

 

 


医療従事者の戦闘服とも言えるべき白衣の色には歴史的な背景や色の持つ力が大きく関わっています。今回はそんなお話になります。

 

 

あ

 

 


 


・いつから医療の現場に白衣はあるの?

 

 

遡るとなんと紀元前のインドから白衣は使われているそうです。

 

 

医師は清潔であれと言う観点から白い衣を纏っていた様ですが、これは現代とも共通してますよね。白い服は清潔感を相手に与え、衛生管理もしやすい訳です。

 

 

 

しかし、西洋の医師は19世紀末まで黒いコートを着ていたそう。

 

 

それまで公衆衛生の概念が無く、19世紀末にようやく衛生管理の重要性が認められ、医師は白衣を身につけるようになったと言います。

 

 

 


 


・白衣の弱点

 

 

ただ白衣にも弱点はありました。

 

 

僕らみたいな鍼灸師にはあまり関係ないですが、お医者さんや看護師は手術の時などずぅーーっと血を見続ける訳ですが、血の赤色をずっと見続けると緑色っぽい残像がちらつく様になります。

 


補色残像効果というのですがある色をしばらく見つめた後にその色が視界から消えると視覚上にその色の補色(※)が残像として残る現象があります。

 

 

医師や看護師が手術中に緑色の幽霊が見えると訴えた事からそれを軽減させる為手術着は青緑色が選ばれる様になったみたいです。

 

 

あ

 

 

 

 

きたの院の患者着も緑色ですが、これも補色残像を防ぐためのものです(嘘です)

 

 

あ

 

♯お着替えご用意してます 

 

 

 

 

ちなみにコナンのダイイングメッセージのトリックにも補色残像効果が使われていたので気になる方は65巻66巻をチェックしてみて下さい。

 

 

あ

 

 

(※)補色  上図は中学の美術でも習いますが色相環と言います。補色とは色相環で反対側にある色の事で、赤の反対は少し青みがかった緑色になります。

 

 

 


 

 

 

 

・手術着以外にも、、、

 


ただ、最近では手術着以外にも白以外の色が医療現場で多く見受けられる様になりました。


白衣は清潔感があるのと同時にあいてに冷たい、無機質な印象を与える色でもあるのでそれを避ける意味合いが強いと思います。


白衣高血圧なんて言葉もあるくらいですしね。


かく言うきたの院も3〜4年前くらいからネイビーのスクラブを採用しています。

 

 

 

あ

 

♯モチーフはペコちゃん ♯ネイビーが似合う男3年連続No.1

 

 

 

 

 

あ

 

♯カッコつけ方が分からずとりあえずけだるげに遠くを見る人  ♯目の前は壁

 

 

 

 

あ

 

♯心霊写真 ♯半にやけ

 

 


 

 


・色が相手に与える印象

 

 

色にはそれぞれ特色がありそれぞれ相手に与える印象が異なります。

 

また、グループYouTuberやアイドルなどそれぞれメンバーカラーがあったり、林家ペーパー子師匠のピンクだったり、ダンディ坂野の黄色だったり個人のキャラクターや団体を印象付ける役割も色は持ってます。

 

 


ゴレンジャーとかも色毎になんとなくキャラのイメージが決められてる気がしますよね。【白黒戦隊 モノトーンレンジャー】なんてのがあっても子供に人気は出なさそう、、、

 


ちなみにうちのグループでも橋本・町田院は。北野・国分寺院はピンクとイメージカラー(?)があります。

 

 

 

あ

 

 

 

 

 

 

続いて色毎の特徴を紹介していきます。

 

 

 

 

 

 

赤:情熱・活力・エネルギー・積極性・生命力・怒り・興奮

 

 

赤は強いエネルギーを含む色で積極的なリーダータイプに好まれる色だそう。


トランプ大統領もよく赤いネクタイを身につけていますね。きっと勝負パンツは赤パン派でしょう。

 

また食欲を増長する色でもあるのでラーメン屋の内装に使われてたり、飲食店の看板にも多く使われてたりもしますね。

 

 

 

あ

 

 


他には目立つ色合いなので警戒色としての一面もあります。信号とか分かりやすい例でしょうか

 

 

 


青:抑制・信頼・自立・鎮静・悲哀・内向

 

 

青は心身の興奮を沈め、感情を抑える色。情熱的な赤とは逆にクールな印象を抱く色です。そう、この私のように、、、

 

 

まあ冗談はさて置き爽やかで信頼感を与える色でもあるので企業のロゴに最も使われている色だそう。ただ逆に食欲を減退する色でもあるので飲食店のロゴにはあまり使われていません。面白いですね。

 

 

k

 

 

誠実さをアピールできるので就職などの面接の時には青系のネクタイを選ぶのも良いかもしれません。

 

 

 

 

 

 

緑:自然・成長・安らぎ・調和・バランス・マイペース・受動的

 

 

緑は暖色でも寒色でも無い中間色で刺激の少ない安らぎを与える色です。

癒しの色でもありますが刺激の少ない色である為積極的で活動的なタイプの人には好まれない傾向にあるそう。

 

 

 

 

 

 


ピンク:愛情・恋愛・幸せ・依存・甘さ

 

 

ピンクは幸せや甘さなど優しいイメージのある色です。

 

可愛らしいイメージから女性に好まれる色ですよね。

 

 

味覚的な甘さを刺激する色で甘いものがとても美味しく感じる色なのだそう。ダイエットの時などは林家ペー・パー子師匠を見ないよう注意しましょう。

 

 

 

 

 

オレンジ:陽気・喜び・向上心・自立・健康・社交的

 

 

オレンジは赤色と黄色の混ざった色。暖色同士が混ざった色である為か陽気で暖かい高揚感を表す色です。

またオレンジ色の優しくて温かい光は不安や抑圧を取り除いてくれる効果があります。

 

 

そういえばきたの院のタイルもオレンジが使われてますね。

 

あ

 

 

 

 

 


紫:癒し・神秘・高貴・スピリチュアル

 

 

紫は赤と青の混じった色。相反する色同士が混ざってる為心身のバランスを整える効果もあるそう。

また高貴なイメージが強く、聖徳太子の定めた冠位十二階では紫は最高位の色。また相撲の行司の持つ軍配も紫は最高位になります。

 

 

 

 

 

 


黄色:希望・輝き・無邪気さ・ユーモア・好奇心

 

 

黄色は太陽の色に最も近い色。太陽のように人々に希望や喜びを与えるポジティブな色です。

どことなく金運が上がりそうなイメージもありますよね。

 


また目立つ色なので赤と同様に警戒を促す色として使われています。

踏切や立ち入り禁止の看板などにも使われてますね。

 

あ

 

 

 

そして黄色は赤と並んで子供に人気のある色なのだそう。

 

どうりでピカチュウやジバ二ャンが人気な訳ですね。

 

 

 

 

 


白:清潔・純粋・無垢・無機質・冷たい・信頼・威厳

 

 

出ました白衣の白です。信頼や清潔感・威厳を相手に与えるので医療従事者にかなり相応しいと言えます。

 

ただし前述にもあるように冷たく無機質な印象も併せ持つので必ずしも白がいいというわけではなくなってきました。

 

 

"ホワイト企業"や"白星を上げる"などポジティブな意味合いの言葉にもよく使われてますね。

 

 

また膨張色でもあるので太った人は白い服は避けた方が無難かもしれません。

 

ちなみに囲碁の石は膨張色である白は少し大きく見える為に盤上で並んだ時同じ大きさに見えるよう少し白石は小さく作られてるそうな。

 

a

 

 

 

 

 

黒:威厳・孤独・不変・拒絶・頑丈・重い・高級感

 

 

黒は高級感や重厚なイメージを与える色。

確かに高級外車などは黒色を選んで乗ってる人が多い感じがします。

暗い色でもある為不安や恐怖を与える色でもあります。


白とは逆で収縮色なので全身黒でキメるとスタイリッシュに見えますが、暗い印象にもなるので注意しましょう。

 

 

 

 


ネイビー:誠実・真面目・大人・知的

 

 

ネイビー(紺色)は黒と青の中間域にある色。

 

 

誠実で真面目な印象を与えるのでスーツの色などビジネスの場に相応しい色。

 

また日本人の肌の色と相性が良く大体どんな人が着ても無難にまとまるのもネイビーの良いところでしょう。

私服で使うにも黒だとキメすぎだけどちょっとかっちりしたい時にもネイビーは適してる気がします。

 

 


きたの院のスクラブがネイビーになったのも患者さんに誠実なイメージを与えたいが為でしょう。知らんけど、、、 

 

 

 

 

 

 

以上ちょっと長かったですが白衣の話と色のお話でした。

色の話はネクタイや服、小物の色など日常でも使えるので是非活用してみて下さいね。^_^

 

 

 

当院のLINE@登録をよろしくお願いします。

 

LINE@限定クーポンの配布・院内イベントなどの事前告知・ブログ更新のお知らせなどなどお得な情報を随時配信中です。

現在、通院していない方の登録も大歓迎です。

 

登録はこちらから▶︎▶︎▶︎https://line.me/R/ti/p/%40tdv2233f

 

 

 

←前回の記事へ

 

 

投稿者: 株式会社トリート

予約 患者さんの声 ブログ症状別ブログ インタビュー BEST治療院100選 八王子市 橋本みなみ鍼灸整骨院 本院サイトはこちら まちだ駅前鍼灸院・整骨院 こくぶんじ北口鍼灸院・整骨院 茅ヶ崎海岸整骨院