MainImage

2019.04.23更新

 

 

 

こんにちは、きたの院永田です。

 

”以前のブログで鍼灸の過去のお話(https://www.kita-kotu.com/blog/2019/04/post-190-673685.html)をしたので今回は少し未来のお話です”

 

 

 

 

元号が変わるまでもう指の数で数えられるくらいの日数になってきました。平成の約30年間で著しく科学が発展してきたように新しい時代でもきっと大きな技術の躍進があり、私たちの生活をもっと豊かなものにしてくれるでしょう。

 

しかしその反面科学技術の進歩で便利な物が増えていけばその分人間の仕事が奪われていく側面があります。

 

 

例えば自動改札機の普及で切符を切る人が要らなくなったり、スマホやタブレットで音楽や本が楽しめるようになり街の本屋さんやCDショップが潰れていくという話も耳にします。

 

ちなみにこの前僕が行ったお寿司屋さんでは人間じゃなくてペッパー君が受付をしてくれました(笑)

 

 


日本国内の現存する職業の内、約49%が10〜20年後にはAIやロボットで代替可能だと言う説もあります。

 

 


そんな中少し気になってきたのは鍼灸師や柔道整復師も同じように時代の荒波にもまれて機械に仕事を奪われるんじゃないかという事です。

 


結論から言っちゃうと、野村総合研究所が2015年にAIやロボットによって代替される可能性が高い&低い100種の職業を公開しているんですが、鍼灸師や柔道整復師はAIやロボットで代替される可能性の低い職業に入っています。

 

 

つまり今想像されうる技術の進歩の範疇じゃまだ機械やAIが鍼灸師の代わりに鍼を打ったりする事は難しいという事です。

 

 


ツボの位置や筋肉の場所や名前を覚えるのは確かに機械の方が圧倒的に早そうですが、同じ筋肉でも押す角度や鍼を打つ角度によって治療効果が変わってきたり、同じ患者さんでもその日によって反応するツボが違かったり微妙に位置がズレてたりでこの辺の繊細な感覚はやっぱりまだまだ人間の手には敵わないと言うことなんでしょうね。

 

僕も昔は戦隊ロボやロボコンが大好きでしたが彼らに身体をほぐしてもらおうとは思えません。

 


それにこの仕事のキモはヒト同士の繋がり、触れ合いみたいなとこにもあると思うのでその辺の所はどんなに技術が進歩しても覆せないと思うんですよね。

 

だって延々とsiriに話しかけてもつまらないし味気ないですもんね(笑)

 

 

あ

 

 

前回の記事へ

 

次回の記事へ

投稿者: 株式会社トリート

2019.04.23更新

 

 

 

こんにちは、きたの院永田です。

 

この前は院の中から見える側の看板を描き変えましたが今回は表側を描き変えてみました。

 

あ

 

上のきたの鍼灸院の字は同じ色のを使ってるんですが滅茶苦茶色褪せてますehe

 

 

 

 

あと真ん中の紙も剥がしたかったのですがテープ跡が残りそうなので断念しましたgan

 

 

 

誰かキレイにテープ跡の残らない剥がし方があれば教えてください(笑)

 

←前回の記事へ

 

次回の記事へ→

投稿者: 株式会社トリート

2019.04.15更新

 

 

こんにちはきたの院永田です。

 

先週の土曜日全員合同で勉強会を行いました。

内容は電話対応などのホスピタリティ面の再確認とO脚の矯正、その後鍼チームと手技チームに別れ鍼チームは眼精疲労に対する鍼、手技チームは首に対する手技の練習を行いました。

 

 

 

あ

 

代表のO脚矯正を受ける男。。。僕です(笑)

このストレッチ痛いけど結構気持ち良かったです。

選出理由は1番O脚気味だったからでしたeheちなみにO型でもあります。関係無いですね。

 

 

あ

 

これは眼の周りの鍼の後のマッサージの所です。

受けてるのは国分寺院の永尾先生です。イタそーな眼の周りの鍼を立候補して受けてくれました。ありがとうございますglitter

右上には見知ったきたの院の面々も居ます(笑)

 

 

以上今回の勉強会のようすでした。

患者さんにより良い治療を提供するため今後も精進して行きたいですhand

 

 

 

 

 

←前回の記事へ

 

 

次回の記事へ→

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者: 株式会社トリート

2019.04.11更新

 

 

 

お昼の空いた時間に1年ぶり位に立て看板のイラストを描き変えてみました。

 

あ

 

下のイノシシは今の立て看板の位置だと覗き込まないと見えませんsuu

 

 

 

←前回の記事へ

 

 

 

 

次回の記事へ→

 

 

投稿者: 株式会社トリート

2019.04.10更新

※今回は少し文章長めになります

 

 

こんにちは、きたの院永田です。

 

 

先月、イチローが現役引退を表明しました。


イチローといえば日本野球界、ひいてはメジャーリーグのレジェンドとも呼べる存在なわけですが鍼灸師界にもレジェンドと呼べるような存在がいるのをご存知ですか?

 

 

それが杉山和一です。

 


僕が生まれる300年前くらい前(江戸時代)に亡くなられている方なので歴史上の人物と呼べる位置づけなのですが、おそらくほとんどの人がしらないでしょうし、僕も歴史の授業で名前を聞いた記憶はありません。

 

 

ただ、鍼灸師の中では知らない人がおそらくいないってレベルで功績を残した人物でもありますので今日は彼の偉業をいくつかご紹介します。

 

 

鍼が痛くないのは杉山和一のおかげ??

 

もしあなたが鍼を受けた経験があって「あれ?想像してたほど痛くないぞ」と感じたことがあるならばそれは杉山和一のおかげかもしれません。

鍼を刺す際に一番痛さを感じやすいポイントとして鍼が皮膚の表面を突き破る時なのですがそれを感じにくくする方法の一つに菅鍼法※1(かんしんほう)というのがあります。

 

 

その管鍼法の発案者が杉山和一なのです。

 

 

管鍼法とは簡単に言えば細い管(鍼管※2)に鍼を入れ上に飛び出た部分を叩いて入れることで鍼が刺さった時の痛みを感じにくくしてくれるものです。

鍼より太い鍼管が皮膚に押し付けられているのでそれより細い鍼が入ってきても人間の脳はその刺激に気付けないわけです。

 

 

 

あ

 

※1 管鍼法 鍼管から飛び出た部分を叩いて皮膚に鍼を挿入します

 

あ   

※2 上の図の色のついた管が鍼管。鍼の太さによって色分けされています  

 

 

 

 

 

ちなみに和一は修行の帰りに石につまずき転んで身体に竹の筒に入った松葉が刺さったにもかかわらず痛くなかったことから管鍼法を思いついたという説があります。

 

 

 

将軍の治療を行っていた


生類憐みの令で有名な徳川家5代目将軍綱吉の治療を行っていたそうです。

 

そしてその熱心な治療が認められ綱吉に何か欲しいものはないかと尋ねられた際に、実は和一は幼少のころ病気で失明しているのですが「一つでいいから目が欲しい」と答えたそうです。


これに対し綱吉はさすがに目を見えるようにしてやることは不可能なのでその代わりに本所一つ目(現在でいう東京都墨田区)に土地を与えたという小洒落た逸話があります。

 

さすが将軍です、僕だったら恐らく代わりに目玉焼きをあげるとかいってぶん殴られてそうです。

 

 

 

盲人教育の先駆者
先述で綱吉から拝領した一つ目の土地に鍼治療の学問所を作り盲人に特別教育を行う。これは世界でも初めての盲人教育だったそうです。


今でも鍼灸やあんまマッサージが目の見えない人でも取れる資格になっているのは彼のおかげなのかもしれませんねglitter

 

 


いかがでしたでしょうか?日本で鍼のお世話になったことがある人なら必ずと言っていいほど間接的に杉山和一の恩恵を受けているというのが分かっていただけましたか?

 

 

 

一般的に目が見えないというのは大きなハンディキャップになるかと思いますがそれにもめげず大きな功績を残した杉山和一。彼のこの転んでもただでは起きない精神は我々も見習わないといけないかもしれませんsuu

 

 

 

 

←前回の記事へ

 

 

 

次回の記事へ→

 

投稿者: 株式会社トリート

予約 患者さんの声 ブログ症状別ブログ インタビュー BEST治療院100選 八王子市 橋本みなみ鍼灸整骨院 本院サイトはこちら まちだ駅前鍼灸院・整骨院 こくぶんじ北口鍼灸院・整骨院 茅ヶ崎海岸整骨院