MainImage

2020.02.09更新

 

 


こんにちは、うまい棒はコンポタ味。きたの院永田です。

 

 

 

 

 

お灸を据える”という言葉を辞書で引いてみると

 


経穴を高温で刺激し療治を行う灸を、体に置くこと。転じて、きつく懲らしめ、戒めることを意味する表現。

 

とあります。


親が子供をきつく叱りつけたり、上司が部下を叱責する様な図が浮かんできますね。

 

あ

 

 

あ

(なんで左の奴はヘラヘラしてるんだろう・・・)

 

 

 

 

 

 

 

お灸の治療は熱くてキツい事からこのようなある種オシオキかつ罰ゲームの様な意味合いになったのだと思うのですが、、、ちょっと待って欲しい。

 

お灸の経験のある方は分かるかもしれませんが、今のお灸ってそんなに熱くないんですよね。

 

 

 

 

お仕置きというよりはむしろあったかくて気持ちいいような気も、、、

 

 

 

こんな慣用句まで作られてお灸側としては風評被害も甚だしい!と憤慨してるのでは??

 

と疑問に思ってた方もさぞ星の数ほど居ることでしょう。

 

 

 

 

今日はそんな方のためにお灸の紹介をしたいと思います。

 

 

 


 

 

 

有痕灸無痕灸

 

まず灸法は大きく有痕灸無痕灸に二分されます。

意味合いは読んで字の如くで有痕灸は火傷の跡が残る灸。反対に無痕灸は火傷の跡が残らないお灸になります。

 

 

 


①有痕灸

有痕灸の中にも種類があり、米粒大あるいは半米粒大の大きさのもぐさを燃やす透熱灸

 

あ

 

指頭大、大豆大の大きさの※もぐさを燃やし意図的に化膿させる様な打膿灸などがあります。

 

 

※お灸の時に燃やすやつ。よもぎからできてます。

 

 

あ

 

まんがとかでよくおっちゃんが受けてるイメージがあるのがコレです。

 

 

 

共通点はどれも皮膚の上にもぐさを置きそれを全て燃やし切ります。故に皮膚に大なり小なりの火傷の跡が残ります。

 

 

 

 

 

 

冒頭で出てきた“灸を据える”の慣用句の元になったのは恐らく後者の打膿灸の様な灸法だと思われます。


確かにこれならとんでもない熱さもとい大きな火傷跡が残るのでお仕置きの様な位置づけになってるのも納得できます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ちなみにですが誤解のない様に言っておくと、このような大きなあとの残るお灸は一般的ではありません。

 

打膿灸をやってるところを探す方が難しいくらいだと思います。

 

専門学校でも習いはしましたが実技の授業でやったのは透熱灸までで打膿灸の様に大きな火傷ができる灸は実際にやる事は無かったと記憶しています。

 

 


治療とは言え大きな火傷をわざと作るというのは時代のニーズにそぐわないのでしょう。

 

 


 

 

 

②無痕灸


こちらは先ほども述べた様に火傷の跡の残らないお灸になります。こっちの方が受けたあるいは自分でやったことのある人は多いと思います。

 

 

薬局などで手軽に買えるせんねん灸などもこちらに当たります。これは皮膚と灸との間に台座があるのでもぐさが燃え切っても直接火傷が出来ることはありません。

 

 

 

素人でも安心して使えるので自宅でのセルフケアなどに重宝されている訳です。

 

 

 

 

 

他にも前述の透熱灸の様に直接皮膚に米粒大くらいのもぐさを置き燃やし7〜8割くらい燃えたところで火を消す知熱灸。鍼の柄にもぐさを巻き付け燃やす灸頭鍼。塩や生姜などを皮膚に置きその上で灸を燃やす隔物灸などがあります。

 

 

基本的にじんわりと温まる物が殆どなのでどれも気持ち良く、これらはとてもじゃないけどお仕置きやしつけの類にはならないでしょう。

 

 

 

 

 

 

 


お灸は古臭いイメージからか日常的にお世話になってる方は余りいないと思いますが、今の寒い季節に受けるとホントに心地いいので機会があればぜひ受けてみて欲しいですね。

 

敷居が高いという方は薬局などで買ってみてまずは自分でやって見ても良いでしょう。当院でも取り扱いしています(500円)ので試してみたい方は是非!

 

 

 


 

 

 

おまけ

 

 

個人的にぜひ受けてみて欲しいお灸ランキングを紹介します。

 

 


第3位 塩灸

 

文字通り塩の上に灸を置いてそれを燃やします。

塩灸は基本的におへそにやるのですがお腹が芯まで温まるのでとても気持ちいいです。

 

あ

 

 

 

第2位 MT温灸

 

あ

 

 

棒状のもぐさを図右の器具に火をつけて入れます。先端の銀色の部分が温まってくるのでそこを使ってマッサージします。

 

マッサージの押圧刺激に温かさが加わります。

 

 

授業中に何人もの人を睡魔に陥れた悪魔のアイテム。

機会があればまた受けてみたい。

 

 

 

第1位 灸頭鍼

 

前述でも少し触れていますが鍼の柄にあたる部分にもぐさを巻き付けそれを燃やします。

 

あ

 


鍼と灸の二刀流。鍼灸界の大谷翔平と呼ばれています(呼ばれていません)

 

 

 


ちなみに熱は鍼を伝って伝わるのでなく太陽の様に熱源から輻射熱で全体に伝わるので温まる範囲は広く気持ちいい。

 

鍼もお灸もどっちも好きって人には特にオススメです。

 

 

 

 

※ちなみにここまで紹介してきましたが当院では換気設備の関係で院でのお灸は行っていません。

 

 

 

 

 

 


 

 

 おまけ2 〜最後に頭の体操を〜

 

ありなしクイズです。

 

以下のような条件の場合、肉と魚はそれぞれありなしどちらにあてはまるでしょう??

 

あり              なし

 

 

葉っぱ     草木

 

クシ      ハサミ

 

午後      午前

 

サザン     TUBE

 

西       東

 

インク     ペン

 

 

 

正解は次回をお楽しみに

 

 

 

当院のLINE@登録をよろしくお願いします。


LINE@限定クーポンの配布・院内イベントなどの事前告知・ブログ更新のお知らせなどなどお得な情報を随時配信中です。


現在、通院されていない方の登録も大歓迎です

 

登録はこちらから▶︎▶︎▶︎https://line.me/R/ti/p/%40tdv2233f

 

 

←前回の記事へ

 

 

 

 

投稿者: 株式会社トリート

予約 患者さんの声 ブログ症状別ブログ インタビュー BEST治療院100選 八王子市 橋本みなみ鍼灸整骨院 本院サイトはこちら まちだ駅前鍼灸院・整骨院 こくぶんじ北口鍼灸院・整骨院 茅ヶ崎海岸整骨院