MainImage

2019.08.19更新

 

 

 

こんにちは、どちらかと言うと雨男。 きたの院永田です。

 

 


鍼灸の適応症状ってご存知ですか?

 


多分ほとんどの人が肩こりや腰痛、膝などの関節痛にしか効果が無いものだと思ってるんじゃ無いかと思います。

 

確かにメインのターゲット層ではあるのですが、実は適応症状で言うともっと広かったりします

 

米国 国立衛生研究所(NIH) は以下の症状に鍼灸が有効であると述べています。

 

 


 

 


【神経系疾患】


神経痛神経麻痺・痙攣・脳卒中後遺症・自律神経失調症頭痛めまい・不眠・神経症・ノイローゼ・ヒステリー

 

 


【運動器系疾患】


関節炎・リウマチ・頚肩腕症候群頚椎捻挫後遺症五十肩腱鞘炎腰痛・外傷の後遺症(骨折、打撲、むちうち、捻挫)

 

 


【循環器系疾患】


心臓神経症・動脈硬化症・高血圧低血圧症・動悸・息切れ

 

 


【呼吸器系疾患】


気管支炎・喘息・風邪および予防

 

 


【消化器系疾患】


胃腸病(胃炎、消化不良、胃下垂、胃酸過多、下痢、便秘)・胆嚢炎・肝機能障害・肝炎・胃十二指腸潰瘍・痔疾

 

 


【代謝内分秘系疾患】


バセドウ氏病・糖尿病・痛風・脚気・貧血

 

 


【生殖、泌尿器系疾患】


膀胱炎・尿道炎・性機能障害・尿閉・腎炎・前立腺肥大・陰萎

 

 


【婦人科系疾患】


更年期障害・乳腺炎・白帯下・生理痛・月経不順・冷え性・血の道・不妊

 

 


【耳鼻咽喉科系疾患】


中耳炎・耳鳴・難聴・メニエル氏病・鼻出血・鼻炎・ちくのう・咽喉頭炎・へんとう

 

 


【眼科系疾患】


眼精疲労・仮性近視・結膜炎・疲れ目・かすみ目・ものもらい

 

 


【小児科疾患】


小児神経症(夜泣き、かんむし、夜驚、消化不良、偏食、食欲不振、不眠)・小児喘息・アレルギー性湿疹・耳下腺炎・夜尿症・虚弱体質の改善

 

(※)日本鍼灸師会HPより

 

 


 

 

、、、と意外に多いんですね。

 


他にも肌荒れ、顔のむくみ、ニキビなどなど美容方面にも使えるので広島・菊池選手も驚きの守備範囲の広さを誇るわけです。

 

 

 

ただ恐らくですが上記の全症状に対して自信を持って対応できる鍼灸師はほとんどいません。

 

『俺は全ての症状を治療できるZE☆』

 

なんて言ってる奴は逆に信用しない方がいいかも知れません。

 

 

 

 

“ウチは婦人科系の疾患に強い”とか“当院は美容鍼灸に力を入れています”とかその院や鍼灸師によって力を入れているポイントや得意分野は違うので自分の症状に合わせた院選びをオススメします。

 

 

 

 

 

ちなみに当院のトリガーポイント鍼療法は主に痛みやシビレの改善を得意としています。

 


上記で赤字になっているのはうちの患者さんに多く見られる症状になっています。参考にしてみてください。

 

 

あ

 

 

 


 

 

回の答え

 

あ

 

 

このダイイングメッセージから浮かび上がるのは4択の内誰?という問題でした

 

①阿川先生 ②笹浪先生

③小川先生 ④渡邉先生

 


23.1 20.1 14.1 2.5

 


と一見意味のわからない数字の羅列ですが


アルファベット表に当てはめてみましょう

 

あ

 

 

アルファベットで23番目はW、1番目はA
20番目はT、1番目はA
14番目はN、1番目はA
2番目はB、5番目はE

 

でWATANABEと浮かび上がってきます。

という訳で正解は④の渡邉先生でした。

 

 

前回の記事

 

次の記事へ→

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者: 株式会社トリート

予約 患者さんの声 ブログ症状別ブログ インタビュー BEST治療院100選 八王子市 橋本みなみ鍼灸整骨院 本院サイトはこちら まちだ駅前鍼灸院・整骨院 こくぶんじ北口鍼灸院・整骨院 茅ヶ崎海岸整骨院