MainImage

2019.06.03更新

 

 

 

 

鍼灸師や鍼をよく受ける人にとって""という字は身近ですが、多くの人が"はり"といえば""という字を思い浮かべるかと思います


""と""  2つとも"はり"や"シン"と読みますが何が違うのでしょうか?

 

 

正解から言っちゃうと""と""は旧字と新字の関係で意味自体に 違いはありません

 

 

 

ただ字の成り立ちは微妙に違います。

 

 

""を表す字は元々"辛"でこれはとってのついたはりを表す象形文字(その物の形を形どって作られた漢字)ではりは金属製なのでかねへんが付けられ辛が省略され十になり""となりました。

 

ちなみに自体昔は拷問などの責め具にも使われていたので"辛"の字は転じて"つらい"や※"からい"などを表す字になっていますgan


※からいは実は味覚では無く痛覚の一種です。つまり激辛好きはMの資質ありです

 

 

 

一方""の方はこれまたかねへんに咸(強い刺激、衝撃を与えるの意)を合わせた文字でこちらも元々は責め具としてのはりを表しています。

 


つまり漢字としての成り立ちは微妙に違えど使われる意味あいや読み方は全く同じなんですね。


それが何の因果かいつの間に治療用のはりとして転用されるようになったといいます。

 

 


人を苦しませるための道具という意味で生まれたの字ですが今では人の治療のため使われているっていうのはなんとも不思議な話ですね

 

 

ちなみに""という字は常用漢字にないので子供の名付けの際に使えないそうです。つまりどうしても子供にはりの一字を入れたい時はの方を使わないといけません。

出生届を出す際にはお気をつけを、、、

 

 

 

ちなみに、、、


現在の日本では主に治療に使われるはりは殆ど""の方を使うみたいです。ただ同じ治療目的でも注射の方のはりはの字

 

逆にそれ以外の用途のものでは""の方の字が使われています。(ハリネズミや蜂など動物の針や縫い針、注射針など)

 

また中国なんかでは鍼治療のはりの字は""統一されています

なので確証は無いですが針灸院の字でやってる所は中国式のハリ治療の可能性が高いかもしれませんね。

 

 

 

 

 

 

 

 日本式と中国式の鍼の違いはいずれブログにあげるかもしれません、、、

 

投稿者: 株式会社トリート

予約 患者さんの声 ブログ症状別ブログ インタビュー BEST治療院100選 八王子市 橋本みなみ鍼灸整骨院 本院サイトはこちら まちだ駅前鍼灸院・整骨院 こくぶんじ北口鍼灸院・整骨院 茅ヶ崎海岸整骨院